【OPEN,CLOSED サインボード製作日記】 完成!【まとめ】

もっと店を楽しい感じにしたいなっ!

ということで

おもしろめのカエルのサインボードを作ろうと思い立ってしまったのです

最初に手書きでカエルをデザイン


そしてCADへ

当初は横長の木で作ろうと思っていたのですが丸も面白いかなと思って変更しました

そして丸にしたら歯車を仕込みたくなってしまったのです

歯車を仕込むと決めたのですが・・

カエルとの相性はあまりよくないのでは??

という気がしてカエルがゼンマイで動いているていで背中にネジ巻きを付けました

これで相性もばっちり上手くいったのではないかと


どこをどのくらいの高さにするか書き込み

CADで直接やってもいいんですが手書きだとなんとなくイメージが膨らんで良いのです


そしてCAD上で設計完了です

密かに3段目の歯車(最奥)を追加


早速切削

板を欲しい厚さに削り出そうとするも・・・・

 

めっちゃ反る!

1段目の層を削り落としたところで台から剥がれてくるほど強力に反ってきます

厚さ調節、断念。

ベニヤを使わず無垢の木を使えばいいのですがなるべくお金を掛けず

できれば家にある廃材だけで作りたかったのですよね


というわけで薄いベニヤを使うことにしました

一部しか削れてないのはデカ過ぎてうちのマシーンの切削範囲を超えているためです

残りの部分は糸鋸で手切りです


その後、「小物であれば」条件で反りの問題を解決できました

枠を残して厚さ調節すれば反らずに切削できます

まぁ枠から外すと結局反るのですが今回はベースにビタッと木工ボンドで貼り付けるため問題なしです

回転ギミックが付いたものを作るときには使えません


30くらいのパーツを次々切削

形になってくると少し楽しくなってきますね


周りの文字のとこは並べて一気に4つ削り出し

こうやると円に組み直した時に木目がバラバラになるんですが今回はそんな事はおかまいなしなのであります!


片付けても片付けてもすぐに作業台が地獄絵図に

おまけに木は軽いからかなり切削屑が舞いますね、喉がイガイガです


実際には回りません

ベースの板に貼り付けちゃいますからね

強度を考えて回転は諦めました

だけどこうやってちゃんと歯が噛んで回るようにデザインすると見た目に気持ちいいんです


エッジラインは焦がして強調し

濃淡を付けるためコーヒー染めというものに手を出してみました

この色合凄く好きです


いよいよ完成です!


 

ネジ巻きのところに止まっているとカワイイかな?と

最後に蝶々を追加


想定していたよりもとても良い出来になり大満足

8年くらい前?、最初に店を始めた時に作ったコレより大分進化しましたね(笑